新着情報

人生100年時代を踏まえて
数字の「100」の形をしたメガネをキービジュアルとして、
そのメガネを通して100歳までの人生を見通すことができ、
この先に待っているライフイベントをマネージするうえでの
ファイナンシャル・プランニングの有用性を伝える内容です。

<日本FP協会 公式チャンネル動画>

「100年メガネ篇」

「青年の決意篇」

日本FP協会 公式チャンネル

株価上昇が続き、2021/2/8日経平均株価は29,000円台に急上昇しており、
逆に反動への不安を感じてしまうような状況です。
私も最近は過熱感も出ているように思います。

そこで、下記が少しでも参考になれば幸いです。

●株価は下がってもすぐ上がる

株価というものは、つくづく私がいつも思うのは
下げるときも上げるときも、人の想像を超えて動きますね。

1月下旬は、ざっくりと好材料の出きったった感などの
影響から株安となりましたが、
それでも1月のS&P 500の下落率は1.1%に止まりました。

その後、2月に入ると株価は大幅上昇に転じ、
先週末にはS&P 500が過去最高値を更新しています。
(日経平均株価は本日29,000円台に急上昇しています。)

●この株価の戻りには3つの背景を考えられます。

①早期に大規模な追加経済対策成立の期待感

先週5日に米国の上下院が
今会計年度予算の大枠となる予算決議案を可決し、
民主党の賛成のみで早期に大規模な追加経済対策が
成立するとの期待が高まりました。

②国内外で新型コロナウイルスの新規感染が減少傾向

米国では、感染拡大の鈍化に伴い各地で感染抑制措置が
緩和されているほか、ワクチン接種も進んでいます。

③日米企業ともに市場予想を上回る好決算

日米企業とも、2020年10-12月期決算が総じて堅調で、
市場予想を上回る利益を発表する企業が多い。

<今後の見通しは・・・どう考えるか?>

引き続き、株式の高値警戒感は意識されますが、
財政・金融刺激策のサポートやワクチン普及などによる
景気や企業業績見通しの改善が続く限り、
株高基調が続くと見ています。

●注目すべき点は・・・・やはり米国長期金利ではないでしょうか?

1月に下げていた米国長期金利が2月に入り上昇傾向になりました。

1月中は米国長期金利が下げていたこともあり、
特に何も心配せず、「また長期金利が1%ぐらいまで下げれば
また株価は上がるんだろうな~!?」と考えていましたが、

今後の長期金利の動きには注意が必要かと思います。

・米国国債10年
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_indexDetail&cat1=market&cat2=index&dir=tl1-idxdtl%7Ctl2-US10YT%3DXX%7Ctl5-jpn&file=index.html&getFlg=on

<参考までに・・・投資機会を探るのは 本当に 難しい!?>

●「高値掴み」のリスク vs. 「押し目待ちに押し目無し」のリスク

ここまで株価が急上昇した結果、株式に強気であっても、
高値掴みのリスクが気になるため、
「それなりに下がったところで買いたい」と
考える投資家も世の中には多いと思います。
(私もその一人ですが・・・!笑)

しかし、

過去に米国や世界の株式が月間で5%以上下がったところを見ても、
「それなりに大きく下がる局面」は、
景気後退前後を除けばそう頻繁に発生していません。

参考資料 Guide to the Markets 42ページ
https://am.jpmorgan.com/content/dam/jpm-am-aem/global/en/insights/market-insights/guide-to-the-markets/guide-to-the-markets-jp.pdf
(→42ページ資料の【図の赤点】)

裏を返せば、

景気拡大期(特に景気加速期)は、「押し目」を待っているうちに、
投資機会の損失に注意が必要となります。

「高値掴み」のリスクが気になる場合は、
積立投資を活用することで、「押し目無し」の投資機会の損失リスクに
備えることができるかもしれません。

参考にして頂ければ幸いです。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

それにしても、

日本、米国をはじめとして、コロナウイルスの感染拡大が
止まらず、大変なことになっていますね。

さて、丑年がやってきました。

では、12年前の丑年はどんな年だったか?  2009年の丑年の出来事は・・・衆院戦で民主党が圧勝して、歴史的な政権交代がおこり、
株価的には、2009年3月10日には日経平均がバブル崩壊後の最安値7,054円を記録。

経済的にも、不景気感漂う年でした。

さて、今度の丑年は、どんな年になるでしょうか?
コロナ抑え込み策が進めば景気感は一挙に盛り上がりを見せるものと予想され、

更に五輪の実行が首尾よく進めば、
日本も世界も反発の躍動が戻ることを期待したいですね。2021年・・・

世界経済の中心である米国では、民主党が議会下院・上院でも多数派を握ることになり、
バイデン政権には大きな弾みとなると思われます。

我々が思っているい以上に米国のポピュリズムが台当しており、
マーケットはバイデン政権を歓迎してると考えられます。

今後……

大切になるのは「バイデン政権の4つの政策」ではないでしょうか。

●米国資産の分配→企業・富裕層へ増税して低所得者への資産分配

政府・上下議会が民主党なら大規模増税などが現実味になる可能性に注意が必要ですね!

民主党政権がこれで、公約を実現する条件が整うため、
政権を安定させる上でも、増税策などを具体化
に移す可能性があります。

昨年までマーケットは増税を嫌がり、
政権と議会とのねじれを歓迎していました。

上院・下院議員とも民主党になり、マーケットはどう反応するのか、
注意が必要です。

環境問題(パリ協定参加)→EV自動車政策

バイデン大統領は、EV普及を最優先課題に据え、
充電施設を55万カ所に新設すると公約しています。

消費者のEV購入やEV生産のための
工場改修に向けた税優遇措置にも支持を表明している。

●長期金利の動向
米国の長期金利は予想外のスピードで1%台まで上昇しました。
今後一段高となるかはFRBのさじ加減に拠るところが大きいとされています。

・ロイター通信
https://jp.reuters.com/article/dollar-interest-rate-idJPKBN29C0VR

長期金利が上昇すれば株価は早期に下落し、
逆に長期金利が上昇しなければまだ株価が維持・上昇することになる
と思います。

●コロナウイルス対策→景気刺激策
現在の株価は、
政府(国家)と中央銀行がつくり出している
といっていいと思います。

本来であれば、感染者数が増えるということは、
感染拡大防止のために一次的に経済を止めるから、
当然、経済は不況になる。景気は悪化する。

しかし、

各主要国の政府は景気を支え、人々の暮らしを支えるために、
補正予算を組み、一時金の支給や休業補償を行う。
この原資は、中央銀行が供給するマネーです。

現在、世界中の中央銀行は、
大量のマネーを刷って市場に供給するという「量的緩和」を続け
います。

特にアメリカの場合、FRBの量的緩和は、史上ありえない規模になっています。

つまり、

株価はコロナ感染者が増えれば増えるほど、株価が上がる構造になっています。
それは・・・現在の株価は、国家と中央銀行がつくり出しているらだと考えらせます。

NYダウと感染者数は正比例して上がっています。
感染者数が増えると株価は上がる構造になっています。

そして、

日経平均もNYダウのまるでコピーのように上昇してきました。
この上昇も、コロナ感染者数の増加と正比例していています。

異次元ともいわれる政府(国家)と中央銀行の資金供給が
コロナ感染者数が増加すればするほど実行
されていきます。

コロナショックにより昨年3月は大幅に株価を下げたものの
すでにマーケットは、コロナ感染者数が増加すれば、
国家と中央銀行が資金供給すると見込んで
先に先に反応しているのではないでしょうか

上記のようなことがからみあい、マーケットは反応しています。

◆私は・・・・

わかりやすい米国の長期金利の動向に注意する必要があると思っています。

FRBが長期金利をコントロールして
景気を下支えすれば、株価の下落はまだ先だと考えますし、
逆に長期金利が上昇すれば、株価の下落を招くと思います。

以上、

参考にしていただければ幸いです。

エフピーエイト
春田孝二

名古屋専門家相談室

名古屋専門家相談室では、名古屋で活躍の各専門分野のエキスパートが、専門知識を活かして、皆様のご相談に乗ります。あらゆるの専門家がおりますので、皆様のビジネス、生活全般についてのアドバイス、ご相談が可能です。

・弁護士
・税理士
・司法書士
・土地家屋調査士
・社会保険労務士
・行政書士
ファイナンシャルプランナー

初回のご相談は無料です。是非、ご活用下さい。

また、タイムリーな専門情報も発信し、不定期に相談会などのイベントも開催します。ご期待下さい。

⭐新型コロナウイルスに対する弊社の取り組み⭐
コロナ感染拡大はまだまだ収まらない状況です。当社では従来より、空気清浄機や加湿器などの対策を行っていますが、
新型コロナウイルス感染症の拡がりの懸念を受けて、さらに徹底した対策を行い、
今後も安全なFP面談オフィスの運営に取り組んでいきたいと思います。

◼弊社・スタッフの取り組み

・起床時の検温
・面談前後のうがい、手洗い(アルコール消毒)
・面談時はマスク着用
・次亜塩素酸水(除菌モーリス)※による面談前後の空気清浄
・次亜塩素酸水(除菌モーリス)※を用いデスク等のふき掃除
・面談時以外の窓は常時開放
・加湿器と空気清浄機の常時稼働

※厚生労働省の案内では、手すり・ドアノブなど身近な物の消毒には、アルコールよりも、
次亜塩素酸が有効との情報もあり、次亜塩素酸水(除菌モーリス)を使用してオフィス消毒に務めます。
(※参照:厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614437.pdf

◼FP面談者様へのお願い

これまで弊社ではFP面談をお客様の判断にお任せして参りましたが、面談スペースは
他のお客様も使用しますので、今後は厚生労働省のガイドラインに沿ってご対応させて頂きます。

①以下の症状がある方はFP面談をお控え頂けると助かります。
・風邪の症状など体調不調
・37.5℃以上の発熱
・強いだるさ(倦怠感)
・息苦しさ(呼吸困難)
・味覚、嗅覚、聴覚等五感の障害 など

②ご来店前の検温をお願いいたします。
・少しでも上記①のある方は検温をお願い致します。
・急な体調不良などの心配がある方は、当オフィスで検温いたします。
・37.5℃以上の発熱がある場合は【面談不可】の協力をお願い致します。

③ご来店時・退所時のアルコール消毒
・大変お手数をおかけしますが【アルコール消毒】の協力をお願いいたします。

④体調不良による面談日程変更について
・ご連絡を頂ければ日程変更など柔軟に対応致しますので、気軽にお申し出くださいませ。
この対応は感染状況や政府(厚生労働省)の見解に応じて随時変更させて頂く場合がございます。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力を頂けると助かります。

【新型コロナウイルス対策  担当:春田孝二】
愛知県名古屋市東区葵1-25-1 ニッシンビル911
TEL:052-932-1071

「お客様の声」を更新致しました。
https://fp-8.com/voice/

●お客様の喜びの声を聞くほど、私の仕事に「情熱やりがい」を与えてくれるものはありません。

●あなた様にとってはささいなことでも、わたしにとっては本当にうれしいのです。

エフピーエイトをご利用されたお客様の感想です。
質問1>「エフピーエイト」のサービスをご利用された感想を教えてください。
質問2>今後、「マネー相談」をお考えの方にメッセージをお願いします。

ぜひ、確認してみてくださいね。⇒https://fp-8.com/voice/

エフピーエイト
春田 孝二

住宅ローンの専門家として「中日新聞」の取材を受けました。

中日新聞「未来につなぐメッセージ~ライフプラン編~」の取材を受けました。

消費税増税を控えた住宅購入検討の際のポイントとは?というテーマで取材でした。

新聞 : 中日新聞 9面 20130706中日新聞_TASUKI_

掲載日 : 2013年7月6日(土)

テーマ : 消費税増税を控えた住宅購入検討の際のポイントとは?

人生最大の買い物であるマイホームをテーマに、買い時の見極めをどのように判断すればいいのか、住宅ローン分野のスペシャリストとしてのアドバイスを取材して頂きました。

ファイナンシャルプランー 
春田 孝二

読売新聞「マネーライフ2013~資産運用を考える~」の取材を受けました。

経済情勢が不安定で低金利時代だからこそ、お金の使い方、運用方法の知識を読者一人ひとりが持つべきというテーマで取材でした。

新聞 :  読売新聞 取材記事 20130627

掲載日 : 2013年6/27(木)

テーマ : ~資産運用を考える~

掲載箇所:経済8-9面 (2面見開き)

●アベノミクスの影響かどうかわからないが、最近は専門家として取材申し込みが多いです。

7月6日には「中日新聞~住宅購入について~」の取材が掲載されます。

また、7月1日には「リクルート」から取材あり。
稼げる資格を手に入れる本2013年下半期号に掲載予定。

取材テーマ:~人生の4大不安にどう備える?~

ファイナンシャルプランー 
春田 孝二

お金に関するフリーペーパー Million(ミリオン)専門家コラムの取材を受けました。
第7回 【特別編】資産運用と上手につきあうためには正しい知識と時間が大切
資産運用について興味のある人が増えていると聞きますが、以前と比べて資産運用について相談される方が増えています。

3月11日に東日本大震災がおきてから、私たちは、ファイナンシャルプランーとしてできることを考え、被災地の 1 日も早い復興をご支援させて頂きたく6名の講師と共に「3/16~7/16までの​5ヶ月間」FP継続教育チャリティセミナーを毎月実施させて頂きました。 そのFP継続教育チャリティセミナーの収益金をすべて「災害義援金中央募金会」を通じて被災地へ届けさせて頂きました。
エフピープラネット FP継続教育セミナー 名古屋会場

slots pokies wp-image-643″ title=”image” src=”https://fp-8.com/wp-content/uploads/2011/10/image.jpg” alt=”” width=”209″ height=”157″ /> 《災害義援金》
チャリティセミナー 509,105円
事務所内募金(エフピーエイト) 19,438円
FP パートナー愛知  150,000円  
総額 678,543円

「東日本大震災」義援募金のお礼とご報告(20110725)

災害義援金へのご協力、 本当にありがとうございました。