住宅ローン応援パック

《住宅ローン》について真剣に考えている皆様、こんにちは。
住宅ローンに強いモーゲージプランナー&ファイナンシャルプランナーの春田孝二です  。

こんな方・・・
● 公庫が11年目を迎え、金利がアップする方。
● 当初3年の固定金利が終わる方
● 新規住宅購入する方
● 金利上昇の不安がある方に
● 住宅購入後のお金の不安をなくしたい方

こんな事で悩んだり、不安を持っていませんか!・・・
● 『住宅を買う』ので条件の良いローンを探している。
● 『借り換え』をしてローン負担・総返済額を軽くしたい。
● 金利アップしたら、家計がどうなるかとっても心配。
● 住宅ローンって、結局どこを注意したらいいの?

そんなあなた様へ

⇒将来の支出増加や家計のバランスを考えて、安心の返済プランを提案します。
⇒住宅ローンの4つポイントを確認して、総支払額を削減できるプランを提案します。

 

【住宅ローン】に関する簡単なクイズです。
Q.住宅ローンを『3000万円・30年間・3%』で借りると、 いったい、トータルでいくらの利息を払うでしょうか?
1. 473万円
2. 992万円
3.1553万円

その利息は、国産の高級車1台分よりもはるかに大きい金額です。
30年間、毎年、海外旅行を楽しめるぐらいの金額でしょうね。

さて、いくらになるでしょう?

答えは・・・1553万円です。
1. 473万円・・・金利1%時の利息
2. 992万円・・・金利2%時の利息

このような利息を中心とした住宅ローンの総コストは、
『ローンの選び方や組み方の違い』によって、いくらの損得の違いが生じるのでしょうか?

もし、よくわからず勧められるままにローンを組んでしまうと
あとで他のローンだったら支払利息が何百万円も少なくすんだのに!なんてことも。
諸費用も含めたトータルコストでは、300万円以上違ってくるケースもあります。

住宅ローン破綻への最悪シナリオ⇒毎月4万円の負担増!
突然、毎月4万円の負担増!   どうする『選択の余地なし 待ったなし……』

●4万円もアップどうしたらいいの!?
2年前に新築マンション購入のため3,000万を35年で借り入れ。(2009年9月金利)

・某大手銀行から『3年固定型住宅ローン』を借り入れ
・キャンペーン優遇のため、現在の金利は1%
・1年後にキャンペーン金利の特約期間は終了。
・特約期間終了後は、『変動金利』へ自動切換えか、1年後の金利を選択。

■毎月返済額(現在):84,685円(金利1.0%)

■年間1%金利上昇ペースが直撃し、来年の特約期間終了時に3.8%(現在2.8%)を選択。

■毎月返済額(来年):125,310円(金利3.8%)・・・1年後に金利が1%アップした場合

その差額はなんと! 毎月約41,000円(年間 約50万円)

■参考までに、この方の他の選択肢は……、(金利が1%アップした場合)
・変動金利型(3.375%) ⇒毎月3.4万円負担増
・2年固定型(3.45%) ⇒毎月3.5万円負担増
・5年固定型(4.35%) ⇒毎月5.0万円負担増
・10年固定型(4.85%) ⇒毎月5.8万円負担増
(あなたの住宅ローンに思い当たる節は、ありませんか!)

●明らかに住宅ローン破綻への最悪シナリオと言えるのではないでしょうか!?!

● 例え、キャンペーン優遇終了後に、金利優遇が少しあったとしても
・・・返済額のアップの不安は消えない!

更に、恐ろしいのは・・・
●住宅ローンに限らず金利というものは、先行きの金利が上昇の可能性が高まると
・ 長期金利から先に上がっていき、
・ 短期金利はそれから遅れて上がる・・・という動きが一般的です。

つまり、【変動金利や短期固定金利選択型】で金利が上がり始めてから、対処しようと
するスタンスでは、固定金利タイプに変更するタイミングを逃す恐れがあります。

●なぜなら、変動金利が上がる頃には長期固定タイプの金利はすでに上がって
しまっている可能性が高いわけです。

住宅ローンを確認⇒4つのチェック!
「新たに住宅ローンを組む」予定の方、
「住宅ローンの借り換え」を予定している方に***住宅ローンを組む前に、しっかりチェックしましたか?***

チェック1: 住宅ローンの『支払い利息と総支払額』をしっかり確認しましたか!
⇒利息の確認も当然必要ですが、「住宅ローンの4大コスト」を含めた
総支払額をチェックしていますか!
(総返済額ではなく、総支払額が重要なんですよ!)

チェック2: あなたの家計は、「住宅ローンの金利」が上がっても大丈夫ですか!

チェック3:子どもの教育費がかさむ時期や保険料のアップする時期など、
支出が増えても、住宅ローンはしっかり返済できますか!
⇒教育費もかさむ+保険料は更新でアッップ+金利が上がる
⇒時期が重なっていませんか!

チェック4:不動産会社や金融機関のお任せの住宅ローンになっていませんか!
⇒他にもっと条件のよい住宅ローンがないか探しましたか?

2つ目の質問です。
住宅ローンの4大コストってご存知ですか?
さらに質問ですが、あなたは住宅ローンの
「諸費用も含めたトータルコスト」の概要についてご存知ですか?

ズバリ、住宅ローン関連コストの4大コストは、こちらです。

【1位】 金利コスト 約1~4%/年(変動~長期固定)
【2位】 団信コスト 約0.3%/年(不要な場合もあり)
【3位】 保証料コスト 約0.2%/年(不要な場合もあり)
【4位】 手数料コスト30,000円・税別~融資額×2%・税別など

これ以外にも、
抵当権設定費用(登録免許税)と司法書士の報酬、印紙税、火災保険料などがありますが、
4大コストに比べると金融機関によるコストの差は、小さなものと言えます。

●ですから
長期的に見て《住宅ローンの4大コスト》の合計金額を
抑えられる住宅ローンの選択とプラニングが基本となります。

***総返済額ではなく、総支払額をしっかり シミュレーションしてください。***

住宅ローン選びの4つポイントって何だ
住宅ローン選ぶ際の《住宅ローンの4大コスト》のほかに、
絶対に知っておかないといけない
4つのポイント】は、把握していますでしょうか?

ポイント1・・・住宅ローンの4大コスト
(金利・団信・保証料・事務手数料)

ポイント2・・・金利タイプ
(変動・短期固定選択型・長期固定・・・など)

ポイント3・・・期間
(借入期間と返済期間・・・しっかり計画していますか?)

ポイント4・・・人生の4大支出の確認
(あなたの家庭の・・・老後資金・教育資金・保険料・住宅ローン完済日は大丈夫)

特に・・・『ポイント4、人生の4大支出の確認』は
《住宅ローンの選択・プランニング》を行う際に、
将来における家庭全体の収入や支出、貯蓄残高の推移を予想できる
ライフプラン(キャッシュフロー表)を作るのがベストです。

この作業をしないと将来の様々な支出を《現実より間違って》見積ってしまい
実際は返済が非常に大変になるケースもありますのでご注意ください。

●「特に、教育費・保険料の更新(アップ)・老後資金不足・・・など」が心配です。
・・支出が増える時期や万が一の時、あなたの家計は大丈夫ですか?

●新規借入れや借換えを自分でやろうと思ったら・・・
住宅ローンの借入れや借換えをしようと思ったら、通常は、いくつかの銀行を回って相談し、
応じてくれそうな金融機関の中で最も有利なローンを選ぶことになります。
しかし、忙しい中、時間を見つけて金融機関めぐりをするのは容易ではありませんよね?

しかも、最近は、保証料がない住宅ローンもある上、キャンペーン金利に差があったり、あるいは、預金連動型といったユニークなタイプのローンもあって、どれが自分にとって有利なのか、金利だけを見てもわかりにくくなっています。

そこで・・・・・・・・

家族思いで、将来を真剣に考える、慎重で知的な方は、中立で購入者側の専門家で
住宅関連の専門資格や専門知識を持つFPへの相談をおすすめします。

サービスの流れと料金

住宅ローン応援パック・5つのステップ

■1■ 住宅ローン初回相談(90~120分の面談)
希望条件の確認とカウンセリング
・住宅ローンに関する基本事項の確認、必要に応じて提供。
・住宅ローンに対する、様々な個別の希望をお聞きします。
・必ず押さえておくべきポイントに関してアドバイスを提供。
現状分析の把握
・将来の支出や収入に関する情報をお聞きして、明確にします。
・住宅ローン以外の支出が大きくなるタイミングも把握します。
金利の推移について
・過去から現在までの金利水準による今後の金利水準の見通し。
・金利上昇の対策に対するアドバイスもいたします。
初回相談のみで、不安や疑問が解消された場合は⇒初回面談:5,000円税別(初回お試しコンサルティング)
初回相談後に「住宅ローン応援パック」を利用される場合は、いずれの場合も初回相談料はパック料金から差し引きます。
■2■ 住宅ローンプラン作成(通常1~2週間後)
シミュレーションの作成
・最低でも3種類以上の住宅ローンシミュレーション(変動金利・10年固定型金利・長期固定金利など)を作成します。
個別商品の分析
・全国の金融機関の住宅ローン金利を一覧確認できるソフトにて最適なローンご案内致します。
・お客様の希望に合った個別の住宅ローン商品を詳しく分析します。
具体的な住宅ローンのプラン作成
・住宅ローンの選択、組み方に関する具体的なプランを作成します。
■3■ 住宅ローンプラン提案(90~120分の面談)
シミュレーションの結果確認
・住宅ローンシュミレーションにて金利変動した場合や繰上げ返済した場合などを確認します。
具体的な商品の提案と解説
・住宅ローンの選択に関する具体的なアクションプランを丁寧に解説。
提案内容の確認(質疑応答)
・提案内容について不明な点があれば何でもお聞き下さい。
■4■ 住宅ローンの実行サポート(住宅ローンの取次、仲介)
実行完了までしっかりサポート
・モーゲージプランナー、住宅ローンアドバイザーと宅地建物取引主任者の資格と専門知識を持った
ファイナンシャルプランー(FP)がプランの実行完了までしっかりサポート。
何でもお聞き下さい。
・住宅ローンの申込み、審査、実行に際しておこまりの場合はお聞き下さい。
金融機関への取次・紹介での実行援助も可能
・当事務所経由で複数の金融機関に事前審査の取次・紹介することも可能です。
・当事務所経由で特別金利優遇の住宅ローンを紹介できる場合もあります。
■5■ 住宅ローン実行後のアフターフォロー(6ヶ月)
6ヶ月の無料アフターフォロー
・6ヶ月間、月1回の面談および電話やメールによる質問や相談が可能です。
・このアフターフォローで住宅ローンの返済が始まった後も安心です。
ライフプランに関するレクチャーも提供
・一般的なライフプランに関する保険・資産運用のアドバイスも提供いたします。
なお、上記1~5をすべて含む「住宅ローン応援パック」の料金は
●住宅ローン応援パック 融資額1~2%・税別
(金融機関の選定や取次紹介がなく、コンサルティングのみの場合は融資額の0.5%・税別)

※この応援パックは、【相談料・提案料・実行サポート・アフターフォロー】のすべてを含み、
サービス完了まで追加料金なく、安心して利用できるお得なサービスです。
※初回相談の際に、料金を先にお支払い頂いている方は、
上記のパック料金より初回相談料(5,000円・税別)をキャッシュバックいたします。

 

安心の100%満足保証制度について(全額返金保障制度)

■100%満足保障制度

あなたがエフピーエイトの提供するサービスに満足頂けなかった場合は料金を全額返金します。

自信あるプロの仕事の証としてエフピーエイトの提供する全てのサービスに
「100%満足保証」制度をつけています。

あなたがこの応援パックを利用して、
・大変態度が悪く、気分を悪くした。
・相談、提案なんて呼べる内容ではなかった。
・相談していても、何を言っているか理解できなかった。
・不快な思いをされた。
・商品だけすすめて、実行援助をしてくれなかった。
・サービスの価値が支払った料金に満たないと思われた場合
・専門家としての知識が不十分であった
・・・・など、、、
提供したサービスが期待はずれであった場合は
必ず、全額返金致します。 遠慮なくお申し出下さい。

●当制度の利用はカンタンですので、ここでも安心です。
サービスの終了後1年以内に、春田まで
満足保証制度を利用の旨と理由をお電話もしくはメールにてお伝えください。
頂いた料金の全額を、1週間以内にお客様ご指定の銀行口座に振り込みます。
TEL:052-932-1071  メール:lifeplan@fp-8.com

●当事務所としては、この制度が乱用されると損失をこうむってしまう恐れがありますが、
お客様には最高の安心感を持って当サービスをご利用頂きたいと思い導入しております。

住宅ローン応援パック・7つのメリット

★メリット1 自分にピッタリの住宅ローンが理解できる。
-資金計画5つのステップにより、借入可能額と返済可能額の違いがわかる。
-知らないと損する住宅ローンの4大コストが確認できる。
★メリット2 すべての金融機関住宅ローンの情報を集めて分析
ー実際にすべての金融機関の金利情報を確認頂けます。
-住宅ローンアドバイザーの資格取得及び財団法人住宅金融普及協会字への登録により可能になりました。
★メリット3 死角のない住宅ローンプランの作成・提案
-住宅ローン選択で大切な「予算・金利・期間」確認できます。
★メリット4 各種手続きのお手伝い「住宅ローンの借入れの最後まで完全サポートします)
-各金融機関への相談・手続きの手間が不要(銀行めぐりは不要)
★メリット5 アフターフォローも安心(6ヶ月間の無料サポート)
★メリット6 住宅ローンに対する「不安や疑問」がスッキリ解消。
-計画的なローン設計のため払えなくなるなどの不安がなくなる。
★メリット7 安心の100%満足保証制度(1年間有効)
-自信あるプロの仕事の証としての「100%満足保証制度」を付けています。
あなたが、サービスに満足頂けなかった場合は料金を全額返金します。

不動産取引のスペシャリストである

・『宅地建物取引主任者 と 住宅ローンアドバイザー と モーゲージプランナー』 の

・『資格と専門知識』 を併せ持つ

上級ファインナンシャルプランナー

ワンランク上の住宅取得アドバイスをあなたのためだけに致します。

これにより
・ 「ライフプランや考え方」
・ 「ローン借り入れ期間」
・ 「ローン借入金額や残高」
・ 「今後の金利動向の予想」など
すべての金融機関との住宅ローンあっせん仲介が法的に可能となり、
お客様への最適と考えられる商品のご提案及び実行支援が可能になりました。

住宅ローン応援パックが【お客様に与えるメリット】
●住宅ローン選定相談・申し込み手続きの手間が不要(銀行めぐりは不要です)
●金利・住宅ローン商品の選択幅(全金融機関の住宅ローン)
●住宅ローンのプロによるアドバイス
●ややこしい住宅ローンが「相談・提案・実行」までワンストップで完結。

「お客様のライフプランや考え方」、「ローン借入期間」、「ローン借入金額や残高」
「今後の金利動向」の予想などから、お客様に最適と考えられる商品の意思決定や案内が可能になりました 。

【住宅ローン応援パック(コンサルティグ取次契約)について】  下記を提供します!
金利を安くするだけが住宅ローンコンサルではありません。

私は顧客様から報酬をもらうため、顧客様のために必死に仕事をします。
(金融機関からの手数料は一切ありません。)

そして、この住宅ローンコンサルティグ取次契約については下記のものを提供します。

●住宅ローン仕組みと3つのリスクの説明

●納得行くまで何度も住宅ローンシュミレーション
→(絶対に納得するまで、何度でも住宅ローン返済の不安を必ず解消)

税金サポート(住宅ローン控除、贈与税、相続時精算課税制度、消費税など)

登記サポート(持分サポート、司法書士・土地家屋調査士の紹介)

トータル資金計画サポート(これで安心!資金計画の不安をトータルサポート)
→(物件価格、登記費用、火災保険、銀行費用、つなぎ融資、援助資金など)

火災保険サポート→住宅ローンを借入するために加入するのではない。
保険会社、銀行、業者のいいなりで加入するものではない。 大切なマイホームを守るために火災保険に加入するのです!!!

●物件に対する不安を解消サポート(本当に買っていいの?解消)→物件チェックシート・周辺状況チェックシートを差し上げます。

繰上返済計画サポート(借りた後も返済計画もバッチリサポート)

●有利な条件 や 希望借入額 や 借入困難などのサポート(銀行交渉やヒアリング)

●土・日・祝日・夜間でも対応

●金融機関への手続き~住宅ローン実行サポートまで完全対応

確定申告サポート→ややこしい住宅ローン控除や贈与税の確定申告まで完全サポート(会社員の場合)

<最後に>
完全成功報酬の安心感(FPに頼んで本当に良かったと思ってからFP報酬の支払い)

◆ここだけです!◆
⇒追加料金なしで、
⇒完全100%返金制度の付いた満足保証付きで
⇒6ヶ月間の無料アフターフォロー付き

初回相談の予約申込み キャンペーン

当オフィスの安心特典とメリットを十分に確認していただき、
住宅ローンの専門知識を持ったFPとの個別相談サービスを希望される方は、
まずは、下記の「お申込みフォーム」より初回お試しコンサルティング(5,000円・税別)のご利用をオススメ致します。

ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。

【代表よりメッセージ】

ここまでお読み頂きありがとうございます。
近々、住宅購入の予定がある方、また、住宅ローンを見直したいとお考えの方で・・・
住宅ローンのことはすごく気になるけど、、、、

それでも、いきなり相談するのはちょっと…と思われる方は

● 5分でわかる【勝ち組人生のマネーガイド】 「生活マネー情報誌」
基本的なライププランの勉強からスタートすることをお薦めいたします。

あなたの拠点となるマイホームと切っても切り離せない住宅ローンを上手に借入れて
あなたのライフプラン実現とあなたらしい人生を歩んでいくことを応援してまいります。