何?!「下流老人って言葉をご存知ですか?」 (2017-04-30)

下流老人って何?!

最近は「相続→投資→終活」など円熟期のライフプランについて色々とセミナーも開催されていますが、
その中身は、セカンドライフプランの厳しい危機感にさいなまれない(下流老人※にならない)ようにと、
いうものが多いように見受けられます。

※「下流老人」とは藤田孝典さんのベストセラーのタイトルで、
その定義は「生活保護基準相当で暮らす恐れがある高齢者」のこと。

下流老人になる必要条件は、次の3つの「無い」です。

1、 収入が著しく少ない
2、 十分な貯蓄がない
3、 頼れる人間がいない

まさか、まさか、自分が下流老人になると思っている人はいないでしょうが、
そのまさかが起こるのが現代の日本であると、著者の藤田さんは書籍の中で警鐘を鳴らしています。

下流老人になる条件はわかっているので、もちろん、対策はできます。 「3点増強作戦」です。

下流老人にならない増強作戦は、次の「3対策」です。

1、 収入を永く作る
2、 資産を増やす
3、 家族を大事にする。

シンプルな対策ですが、毎日忙しい現役世代が、老後のことを考える余裕はあまりないかもしれません。

3つとも並行して進めようとすると、散漫や中途半端になってしまう危険もあります。

そこで、最低限の対策として、どれか一つだけでも徹底したら良いのでは、と思っています。

1、 収入を永く作る ⇒ たとえば、定年後にも稼げるスキルを身につける。
2、 資産を増やす  ⇒ あるいは、定年までに、せめて3千万円の資産を築く。
3、 家族を大事にする⇒ お金はないけど、絶対に頼れる家族がいる。

このどれかが実現できれば、下流老人にはなりませんね!
(「2、資産を増やす」であれば、FPがサポートできます。→ぜひ、まずはキャンペーンをご利用くださいませ。)

<◆FP無料相談◆ 新生活・応援プロジェクト実施中>
【新生活・応援プロジェクト】FP無料相談受付中!毎月3名様限定
●詳細は・・・・http://fp-8.com/archves/seminar/863/


<ぴよか協賛店加盟 子育て支援「感謝企画」⇒ ”無料” FP相談実施中>
わかりにくい「保険や教育資金、住宅ローンなど」のお金の話をわかりやすく伝えたい!
そんな思いで活動中!
●詳細は・・・http://fp-8.com/archves/seminar/1111/


【初回相談、お試しキャンペーン】
通常の12,000円・税別相当の面談料が ⇒ 5,000円(税別)のみ
●どんな人(FP)がコンサルティングしてくれるの?
●まったく知らない人(FP)にいきなり、相談するのはちょっと気が引ける。
●本格的なコンサルティング・サービスを依頼する前に一度、FPに会ってみたい。
初回面談限定で、90分程度の面談を5,000円・税別にて提供!
●お申込みは・・・・http://fp-8.com/consul-app/

今を精一杯に生きることは大切ですが、遠い老後のことも考えて、小さな準備を積み重ねることも劣らず大切です。